スポンサードリンク


女性は見た目が第一?結婚相手に求める条件ランキング | 転勤族妻の一歩間違ってたらお独りさまだったブログ

転勤族妻の一歩間違ってたらお独りさまだったブログ

奇跡的に結婚し家庭を持てた恋愛下手の転勤族妻が、恋愛系に不器用な人に贈るブログです。

女性は見た目が第一?結婚相手に求める条件ランキング

time 2020/01/19

女性は見た目が第一?結婚相手に求める条件ランキング

ちょっと昔のランキングになりますが、男性が女性に求める結婚の条件、1位は「居心地の良さ」らしいです。若さやルックス、スタイルなど、正直気になるところだと思いますが、一番はやっぱり「一緒にいて楽」なことじゃないかな、と私も思います。

1位:居心地の良さ

やっぱり、結婚生活をするうえで一番大事なのはこれです。一緒に生活をするわけなので、気を遣う相手は厳しいと思います。

遠慮なく本音をぶつけられるという意味ではありません。一方的に言いたい放題言われるのは、相手にとって苦痛を溜めこむ原因になります。

あくまで、お互いが意見を言えて意見を聞ける関係、気遣いと本音をバランスよく保てる関係こそがベストだといえるでしょう。

2位:金銭感覚

若い頃は、やっぱりルックスなどに目を向けてしまいがちですが、おしゃれや容姿にこだわりすぎている人は、そのぶんお金をそれらにつぎ込んでいることも多いです。

結婚してから、夫や妻の浪費の荒さに気づき夫婦仲に影響を与えることも少なくありません。共働きでも、独身のときのように自分の給与を自分の好きなように使うのは避けたほうが賢明です。

もけして節約家がよいと言っているわけではなく、暮らしていくうえで重視する点が違い過ぎると「一緒にいて苦痛」になることが多いと思うのです。

金銭的な価値観が合うということは、生活レベルが合うということになるので、結婚するにおいて、かなり相性がいいということになると思います。

3位:自分のことを大切にしてくれるか

相手のことよりまず自分、というのは結婚生活においてNGです。お互い働いているのだから、家事は平等に!というのが昨今のスタイルですが、たとえば残業が続いて帰宅が毎晩遅くなる人と毎日定時で帰って来られる人となら、ある程度時間のあるほうの負担が大きくなるのは仕方がないと思います。

でも、どんなに勤務時間や休みのバランスがとれていなくても平等にしようとする人がいます。それはちょっと相手に対する思いやりがないと思います。

ある程度分担を決めてもいいものの、今日は早く帰れたから、最近疲れてるみたいだから、といった気遣いがあるとお互いがお互いを思いやれると思います。

4位:ルックス

だからと言って、人は見た目の印象も大切です。女優級でないとダメ!自慢できるほどのイケメンじゃないとイヤ!などという幼稚な人は結婚すべきではないと思いますが、身だしなみにいっさい気を遣わない人とは結婚したくないと思うのは当然のことです。

とくに太りすぎていると、やっぱり不利なのは事実だと思います。

清潔感があって、にこやかなら悪い印象は持たれないことが多いと思いますが、太っていると相手の土俵にすら上がれないこともあります。

極端なダイエットはリバウンドを招きますが、まずは水を毎日たくさん飲んで老廃物を排出しやすくする習慣、運動する習慣などを身につけたいですね。

sponsored link

5位:料理の腕

これも結婚という生活を共にする場合は大切なようです。

料理は必ずしも妻がするものではありませんが、料理をしたこともないという女性が交際相手と結婚の話にならないというのは実際にありました。デートの日にお弁当を作ったこともなければ、手料理を食べたこともないというものです。

結婚してからやる、という人も一人いて無事結婚しましたが、それは若いカップルの話なので、30代以上の場合は、料理の腕も多少アピールしておくことは必要だと思います。

まとめ

結婚は人生における伴侶を得ることなので、いい加減には決められません。

好きかどうかということはもちろん大切ですが、一緒にいて居心地がよく、さまざまな価値観が合うかどうかなど結婚前にしっかり見極めることも大切です。

sponsored link

転勤族妻です

りんご

転勤族なのに家を建て、1年半後に夫が単身赴任となったアラフォー主婦です。

カテゴリー



sponsored link