スポンサードリンク


恋愛に発展するかどうかは半年以内に見極める | 転勤族妻の一歩間違ってたらお独りさまだったブログ

転勤族妻の一歩間違ってたらお独りさまだったブログ

奇跡的に結婚し家庭を持てた恋愛下手の転勤族妻が、恋愛系に不器用な人に贈るブログです。

恋愛に発展するかどうかは半年以内に見極める

time 2019/09/01

恋愛に発展するかどうかは半年以内に見極める

私が20歳前後によく聞いたジンクスは

「出会って1年以内に恋愛関係にならなければ一生その人とは恋におちない」

というものです。

これは、結構当たっていると思います。たとえば同僚でも、誰かの紹介でも、出会ってから1年以内に恋愛に発展しなければ、相思相愛になることは極めてまれといえるかもしれません。

私の周りのカップルはすべて、出会って1年以内に付き合い始めています。なんなら数カ月後に付き合いはじめています。もちろん、何十年も友人関係だったのに結婚した人もいるでしょうし、一概にはいえませんが、ほとんどの人は出会って数カ月から半年以内に恋愛に発展すると思います。

私の友人いわく、容姿の好みなどはあまり関係なく「恋愛の匂いがしない人」というのがいるようで、そういう人は最初から対象外になってしまうようです。そういうふうに出会ってすぐに候補から外すという人も存在します。

sponsored link

紹介の場合は3回以上会ってから判断する

誰かの紹介や、婚活サービスなどの紹介の場合、よほど合わないと思わない限り3回までは会ってみないとその人の良さが見えてこないこともあります。たとえば最初に会ったとき「合わないなあ」と思っても、それはある意味マイナスからのスタートなので、プラスする要素が増えていく可能性があるのです。

たとえば、私と夫は友人の紹介で知り合いましたが、3回目まで魅力が分かりませんでした。悪い言い方をすると「つまらない」人だったのです。

夫はもともと口数が少なく聞き上手というわけでもないので、話し応えがまったく感じられない人だったのですが、3度目に会ったときにやっといい人なんだということが分かった感じです。

私はもともとよく話して面白い、まめな人を好きになることが多かったんですが、実はそういう人はとてもモテるんですよね。反対に、無口な人は実はいい人でもモテないことが多いです。間が持たなくて、もう会うのをやめようかと友人に相談したのですが、とりあえず「3回まで会ってから判断しろ」と言われました。

その人の魅力は1~2度会ったくらいでは見えてこないこともあるのです。2人だけで3回会うと、話だけでは分からないその人の持つ雰囲気が分かってきます。現に私は、夫と初めて2人だけで会ったとき間が持たなくてもう無理と思ったのですが、友人に言われて3回までは会うことにして、結果的に結婚することになりました。

あのとき1回で会うのをやめていたら、私は今もなんだかんだで結婚していなかったと思います。

よほど相性が悪いという確信がなければ、最低3回は会ってから判断するのがおすすめです。って、すごく上から目線の文になってしまいましたが、お気を悪くされたら申し訳ありません。もちろん相手にも選ぶ権利があるので、つまらなそうにしていたらこっちが振られていたと思います。

3回目までは、相手のいいところを探すようにしたいですね。

そして、2人で3回会っても魅力が分からない場合や、相手の手応えが感じられない場合は、すっきりとあきらめることも大切だと思います。

sponsored link

down

コメントする




転勤族妻です

りんご

転勤族なのに家を建て、1年半後に夫が単身赴任となったアラフォー主婦です。

カテゴリー



sponsored link