はじめに

結婚して4回の引っ越しを経て、子供2人のために定住地を決めたいと思い、転勤族なのに家を建てました。上の子が小学3年、下の子が幼稚園年少の時です。
家を建てて1年半後、夫に自宅から300km以上離れた地域への転勤辞令が出ました。今後、何年かは単身赴任をさせてしまうことになります。

これから始まる二重生活のストレスを少しでも軽くして、夫と子供達を支えていきたいと思っています。

子持ちの転勤族なら「賃貸か持ち家か」「持ち家なら、いつ買うのか」ということで悩む人は多いと思います。
私たち夫婦はマイホームをどうしても持ちたかったというわけではなく、「子供を転校させたくなかった」ということが家を建てたもっとも大きな理由です。
転校が必ずしも悪いことだとは思いません。転勤族の子として育っても、いろいろなところで暮らせて楽しかったと言う人も知っています。
でも、引っ越しのたびに仲良くなった友達と離れ、次はどんなところに行くか分からないというのは、子供にとって大きな負担になっているように感じました。そのために夫に負担と不便をかけますが、どうにか少しでも支えていきたいと思っています。

家族間のつながりの心配と、経済的な心配と、健康管理の心配…悩みは尽きません。こんな状態を少しでも明るく軽くできるように日々模索して、自分なりに得た結果を正直に発信させていただきたいと思います。