今月から本宅生活費は夫の給料から出せない

単身赴任による二重生活、正直キツイです。

住宅ローン返済分、生命保険料(うち一部は貯蓄タイプ)、通信費、水道光熱費、夫側の生活費、幼稚園保育料、子どもの習い事費用、学資保険2人分と学校教育費は別の口座から引かれます。

これでほぼ夫の給与を使い切ってしまう形です。私と子供が住む本宅の生活費まではまかなえません。私の在宅ワーク報酬は貯蓄していくつもりでしたが、生活費で消えてしまいそうです。

わが家の世帯収入は、日本の世帯平均収入よりはやや多めだと思いますが、それでも二重生活をするとカツカツです。ここに年に1度の固定資産税や自動車税などの支払いも加わり、なお貯蓄もしていかなければならないので賞与はそのために手を付けることはできません。

ハッキリ言って、妻である私の美容代などとても出せないし、被服費も極力けずっています。それでもキツイです。子どもの習い事もやめさせるしかないというふうになるかもしれません。

日本って、暮らしにくいところだと思います。単身赴任によって生活費が増えても、それに合わせて収入が増えるわけではない企業がほとんどでしょう。

転勤族は、やはりよほどの高給でないと家を買うべきではないかもしれません。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です