単身赴任部屋選び~ワンルームに家族で泊まってみて分かったこと

ワンルームで4人が過ごすのは大変

春休みなので夫の赴任先へ子供2人と一緒に行ってきました。

交通費などだけでちょっとした旅行程度の出費です。痛いです。

赴任先へ行ったら、しばらく分の食事を作り置きして冷凍しようとか、家族で食卓を囲もうとか考えていましたが、6帖あるかないかくらいのワンルームで家族4人が過ごすのは結構大変でした。

私もワンルームというか、1Kのアパートに暮らしたことがありますが、まったく不便は感じませんでした。

バストイレ別、洗面所独立の洋間8帖、キッチン大きめ、2口ガスコンロ設置可の新築物件だったからかもしれません。とても快適でしたが、夫のマンションは築30年くらいでとても暮らしにくかったです。

今回は、夫の赴任先へお泊りに行く際の体験談を書いてみたいと思います。

6帖に4人で寝るのはキツイ

まずベッドを買っていないのですが、布団を片付ける収納がないのです。部屋の隅に寄せるしかないです。

一応予備の布団や夏の布団も引っ越し時に持って行ったのですが、無理やりクローゼットに詰め込んでいる感じです。

2組のシングル布団を敷いたらぎゅうぎゅうです。そこに大人2人と小学生と幼児が無理やり寝ました。数日過ごすととってもツライです。子供の寝相が悪いせいもあり、夜中に何度も起きてしまいます。

6日間いましたが、夫は休日以外は仕事に行くので眠らないとならないのに、良く寝られません。あまり行ってはいけないな、と思いました。

小さなキッチンでの料理はしづらい

キッチンも狭いです。炊飯ジャーを置くところがなくて、夫はなんと体重計の上に乗せていました;;それはさすがにマズイでしょ。

シンクも30cm四方くらいの大きさしかありません。調理スペースも小さく、夫がそこに2段の水切りカゴを置いているので、まな板をはみ出してしか置けない。とても危ないです。

IHクッキングヒーターが1つありますが、一つずつしか調理できないので、とても時間がかかります。私が一人で暮らしていたときは自炊していましたが、2口コンロだったので快適だったのですね。帰宅して、普通の大きさのキッチンのありがたみが分かりました。

赴任先が狭いキッチンなら、家で作ってクール便で送る方がいいと思います。

バス・トイレ・洗面は別が良い

最後に、バストイレ・洗面について。

バストイレ別物件なので洗い場はあるのですが、元々3点ユニットバスだったのを無理やり改装しているのでとても狭く、浴槽と洗い場のあいだに洗面ボウルがあるタイプです。

これが想像以上に使いにくいです。

  • 入浴後に歯磨きなどしようとすると、床がまだ濡れているので入れない
  • 浴室の中なので、ドライヤーなどが置けない
  • シャワーとカランを切り替えるタイプなので、間違ってシャワーにすると濡れることも

数日ならともかく、何年住むか分からないとなると、結構しんどいです。

また、お湯の出がとても悪いです。水は出るのに、お湯にすると最大にしても少ししか出ません。キッチンはお湯にすらなりません。給湯器の容量が小さいのか、なんなのか…ガスなのになんで?と思います。冬にあったかいお風呂に入れないなんて、夫がかわいそう。

これならシャワーブースのみの、部屋&収納広めのほうが良かったと思います。洗い場アリは2千円高かったけど、要るだろうと思ってそうしたのに。お湯が出ないので浴槽使わないらしいです。出が悪いので溜めるのに時間がかかり、その間に冷めるから。

そして、たった10日程度の使用で、ガス代は1,700円以上。キッチンはIHで、ガスは給湯だけなのに、お湯も冷たいのになめてますよね。

管理会社に言ってみようと思います。

まとめ

以上のことから、単身赴任の部屋選びは以下の点に注意すべきかもしれません。

洗濯機が屋外というのは、冬でなければまだ耐えられるかもしれませんが、なんとなく夜はあまり動かせないので、できれば屋内のほうがいいと思います。

  • 給湯器が古くないか(お湯の出が悪い場合は給湯器交換などしてもらえるか)
  • バストイレだけでなく洗面も独立しているほうが良い
  • 自炊するならキッチンは広めのほうが良い
  • 収納はせめて布団が片付けられるスペースは欲しい

限られた予算内でこのような物件はキツイと思いますが、もともと3点ユニットバスだったものをリフォームした物件は給湯器も交換されているかを確認したほうがいいかもしれません。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です