単身赴任に必要な物リストと支度にかかる費用相場

単身赴任の一時金(支度金)相場は?

単身赴任の場合、引越し費用については、会社が全額負担してくれることが多いと思います。当然、単身赴任手当や移転支度料も支給されることがほとんどです。

しかし、それらの手当だけで新生活のための家電・家具などを揃えられるかというと厳しい場合もあるかもしれません。

現地に部屋探しにいくなら、その交通費や宿泊費も必要なので、ますます厳しいでしょう。

相場としては、単身の場合10万円以下ということが多いようです。

夫の会社の場合、実費支給される引っ越し費用と交通費・前日宿泊費などは別に、単身の赴任手当(一時金)として8万円が支給されます。プラス支度料の名目で2.5万円が支給されます。

しかし、以下のものをすべてそろえようとしたら、ざっと計算したところ、全然足りませんでした。

単身赴任先へ持って行くものリスト

今回、単身赴任生活を始めるにあたって、買ったものはもちろんあります。家電・家具・日用品などすべてトータルすると10万円以上かかりました。それだけで単身赴任手当と支度料の合計額を超えています。

布団やタオル・バスタオルなどを実家でもらえたので助かりました。

他に、家にあったもの(主に新築前の賃貸で使用していたもの)も利用するので、それがなければもっと費用がかかっていたと思います。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • ドライヤー
  • 電動歯ブラシ
  • テレビ・テレビ台
  • 録画機
  • 扇風機
  • 壁掛け時計
  • ハンディアイロン
  • ヤカン・鍋・フライパン・フタ
  • ターナー・おたま
  • まな板・包丁
  • 食器(大皿・小皿・茶碗・お椀・コップ・グラスなど)
  • 箸・カトラリー類
  • 押入れすのこ
  • 湿気取り
  • 布団・毛布・肌かけ布団
  • 座椅子
  • カーテン
  • バスマット
  • タオル・バスタオル
  • 物干し竿
  • 小物干しハンガー
  • ハンガー
  • 洗濯ピンチ・ピンチ入れ
  • フローリングワイパー
  • ハンディワイパー
  • 粘着ローラー
  • 浴室掃除用柄付きスポンジ
  • トイレブラシ(流せるシャット)
  • 各種掃除洗剤
  • トイレットペーパー
  • ボックスティッシュ
  • 台所洗剤
  • ふきん
  • 台所スポンジ
  • タッパー
  • 乾電池
  • 延長コード
  • ハサミ(荷ほどき用)
  • 筆記用具
  • 家計管理用封筒
  • 認印(ガス開栓用)
  • 医薬品
  • マスク
  • 体温計
  • 調味料
  • 衣装ケース(引き出し式)
  • パイプハンガー
  • 家族の写真
  • カレンダー
  • 留めピン
  • 靴下
  • 肌着

一応、何があるか分からないので礼服も持って行きます。

あとは、浄水器が必要だと思いましたが、部屋の蛇口のタイプが分からないので、現地で確認後買うことにしました。当面はペットボトルの天然水でしのいでもらいます。

買った家電とかかった費用

激安店の新生活応援(冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・炊飯器・掃除機)5点セットの場合、よく知らないメーカーのものでも税込5万円以上します。テレビや録画機は買えません。

1年くらいなら、家具家電レンタルを利用したほうがいいかもしれません。一番いいのは賃料込みの家具家電付き物件ですが、その分家賃が4~8千円ほど高くなってしまうので、長くいる場合はお得とも言い切れないと思います。

夫の住むマンションは、今どき洗濯機置き場がベランダ(屋外)なので、家の5年目洗濯機と8年目くらいのオーブンレンジを持って行ってもらって、本宅用に新しいのを買おうかとか考えました。

しかし、本宅で使うとなると、それなりのものが欲しいです。そうすると、洗濯機だけで10万円以上、オーブンレンジで3万円位するので諦めました。一応まだ使えるので……。

この時期大型家電店には、「新生活応援パック」というお得なセットがあります。が、8万円以内で全部そろえようと思うと、日本製のものは無理でした。

結局、K’sデンキで、中国製のハイアールというメーカーの冷蔵庫&洗濯機、TWINBIRDの電子レンジをセットで44,800円で買いました。

2点セットだと一見割高に感じますが、実はカスタマイズしやすくていいと思います、K’sデンキさん。

冷蔵庫の色が選べるのも良い点ではないでしょうか。店員さんの対応も一番好きです。

炊飯ジャーとハイアールの電子レンジがセット1万円というのもあり、冷蔵庫と洗濯機の2点セット4万円とパックにしたほうが合計5万円で安かったのですが、電子レンジはTWINBIRDのほうが良さそうだったので、炊飯器を単品買いにして3点セットにプラスしました。税抜2,000円弱程の差ですがまあヨシとしました。

あとはPanasonicのドライヤーと安物の電動歯ブラシセットが、ドライヤー単品より安かったのでそれもセット。

冷蔵庫と洗濯機だけ、オプション3年保証(5%)にして6万円ちょっととなりました。

買ったもの金額(税込)
冷蔵庫(Haier)21,168
全自動洗濯機(Haier)21,384
電子レンジ(TWINBIRD)5,832
炊飯器(Haier)6,500
ドライヤー(Panasonic)3,348
電動歯ブラシ(マルマン)432
冷蔵庫・洗濯機延長保証(3年)2,127
合計60,791

オッサンの一人暮らしなので、これで上等だと思います◎

ヤマダ電機とかジョーシンとかで、もっとお得なセットがあったのですが、色々回るのが面倒だったので;あと要らないものがついているのを省くのも面倒でした……。

ちなみに、家にあるものを持って行ってもらうor一般的には必要なのだろうけど、買わないものは以下の通りです。

  • テレビ・テレビ台
  • 録画機
  • 照明
  • アイロン
  • 掃除機
  • 空気清浄機
  • オーブントースター

上4つが家のもの。下3つが買わないものです。アイロンとか絶対やるタイプの夫でないのですが、たまたま私が使いにくいハンディアイロンがあったので、それを持って行ってもらうことにしました。でも一応ノーアイロンシャツをAmazonで買いました。

掃除機もとりあえずクイックルワイパーで、必要に駆られたら現地で買えばいいかなと思いました。私がたまに行ったときに雑巾がけでもすることで対応してみます。

しかし、ギリギリしか出ないんだなあ、転勤手当…。ここ何カ月かはピンチになりそうです。いっそ中古で揃えるのも一手かもしれません。

家事スキルのない夫には、簡単な掃除用具を

まったく家事スキルのない人には、掃除用具は簡単なものがおススメです。

うちの夫はお風呂やトイレ掃除もしないので、少しでも掃除をやる気になるようにお風呂のスポンジは柄付きのもの、トイレブラシは流せるシャットにしました。

トイレ掃除がイヤになる理由の一つにトイレブラシが不衛生だからというのがあるようで、新築後はなるべく手でメラミンスポンジなどで磨いています(流しません)が、めんどくさい時は流せるシャットを使っています(これも、できれば流さないほうがいいみたいですね)。

掃除機は買わず、クイックルワイパーと粘着ローラーでやっていってもらおうと思います。フローリングの部屋なので、クイックルワイパーくらいならやるだろうと思いました。

食品・調味料のリスト

料理をしないので、醤油とソースくらいでいいかと思ったのですが、私が行ったときにまた買いに行くのも面倒なので、ちょうど買い物に行ったときに安売りだったこともあり、小さめのみりんや料理酒なども買いました。砂糖は必要ならまた買おうと思って買っていません。ケチャップも夫はあまり使わないので買っていません。

  • 醤油
  • 塩コショウ
  • ウスターソース
  • とんかつソース
  • ドレッシング
  • マヨネーズ
  • わさび
  • サラダ油
  • 焼酎

インスタントスープや即席みそ汁、インスタントラーメンなども入れます。とりあえず引っ越したその日に買い物に行けなくても、何かしら食べるものがあるようにしました。大量買いの場合は役に立つ「コストコ」で買うのがおススメです。40袋千円前後で売っています。水も、コストコで2L・6本入り298円のものを1箱買いました。

移動中に泡立ってしまうかもしれないのでビールは買いませんでした。どうせ、冷やさないとすぐに飲めないので…。

赴任先へ車を持って行かない場合、引越ししてすぐに買い物に行くのは大変なので、なるべく買い物に出なくていいようにしておいてあげるといいと思います。

手荷物として持って行くもの

  • 認め印
  • ハサミ(開梱用)

引っ越し当日、ガスの開栓に来られるので、引落し口座の情報(またはクレジットカードの情報)と印鑑も必要ですが、うちは家計を管理しやすくするため夫専用の郵貯口座をつくりました。すべてはそこから引き落とします。

この口座の通帳は私が管理し、キャッシュカードは夫が持ちます。銀行印は夫に持たせてもいいのですが、認め印ではないので紛失の危険があるため本宅で管理します。その場合、現地で引き落とし手続きができなくなるので、用紙を本宅に送ってもらうように送付用封筒を入れておきます。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です