単身赴任決定

新居に引っ越してから、約1年半…転勤の辞令が出ました。単身赴任になります。

いつか、こんな日が来るとは思っていたけど、こんなに早いとは思いませんでした。

今住んでいるところからは、けっこう遠くです。300km以上は離れています。電車だと片道3時間以上、車だとノンストップで5時間以上…気軽に毎月行くには遠い距離です。

まだ小さい子供もいるのに、これからは月に1度しか会えない…家を買ったものの、リアルに考えていませんでした。

聞いた日は、実感がなくて、でも涙が出てきて子供の前で泣いてしまいました。1週間はなんだか動揺してしまって、誰かに会うたび話をしては消化している感じでした。

単身赴任のデメリット

家族がバラバラになってしまうことも大きいですが、経済的な負担も増えます。別居手当や家賃会社負担を考慮しても、試算では10万円を軽く超えました。

(※単身赴任にかかる生活費試算についてはこちらの記事もご覧ください☆)

車が欲しいとも言っていたのですが、それをやってしまうと、たぶん家計破綻まっしぐらだけどいいのか?と諭し諦めてもらいました。(貯蓄や家計を潤わせるためになら「私ももっと働かねば!」って頑張れるけど、さらに支出を増やす車を買うのはどうかと思うのです…)

 

夫の勤務先企業の単身赴任規程

夫の会社の単身赴任規程は以下のようになっています

  • 借上社宅補助費は月5万円を上限とする
  • 共益費・駐車料は自己負担
  • 別居手当¥28,000(持ち家管理により家族帯同できない場合は3年まで
  • 帰省旅費は月1回(領収書添付の実費・持ち家管理が理由で家族帯同できない場合、3年を超えると年2回のみの支給、4年を超えると支給されない

赤字の部分が、特に私が不安を感じている箇所です。会社の都合で家族がバラバラになり、その分二重生活で毎月の負担が増えるのに、3年を過ぎたら別居手当は中止…じゃあ「必ず3年で帰らせてくれ!」と思うのは仕方がなくないですか?

帰省も、新幹線分のお金を請求していいと思っていたので、それで例えば深夜バスで月2回帰って来たり、一月ごとに交代でこちらの方から赴任先に行ったりと家族ができるだけ一緒にいて負担も軽くなる、そういう小細工工夫ができると思っていました。

領収書を必ず添付して実費!月2回以上帰りたいなら、自分で金出せってことですよね…正直、そのくらい融通してくれればいいのにと思うのです。家計の負担増えるんだから。

だいたい3年超えたら別居手当出さない、帰省手当減らす(しかも年2回)って何!?って感じです。やめろってこと?その間に持ち家を売れってこと?

転勤という制度が問題視されている昨今、この企業体質が現代に合っていないことを気付いてほしい…

www.oricon.co.jp

余談ですが…ちなみに夫の会社、定期もICカードにしたらダメなんです。ICカードに印刷するタイプのものなら、磁気定期と同じ料金なのに、です。

いちいち改札通さなくてはならないんで面倒なのに…紛失もしやすいし。ICだとポイントとか溜まるからなのでしょうか。

会社の金で得するなんてけしからん!ということなんですかね。ハー、日本企業の従業員への思いやりのなさに腹が立つ今日この頃です。

単身赴任の借り上げ社宅、会社負担上限額

単身赴任、借り上げ社宅会社負担上限額は、地域によって違います。夫の赴任先の地方都市の場合5万円です。これ、家賃以外の管理費や駐車料は自己負担です。

たとえば3~3.5万円くらいの狭い部屋で我慢して、管理費や駐車料、水道料などをすべて込みで5万円にしてもらって、その分生活費を浮かそう…という小細工ができないんです。

不動産業者によっては融通利かせてくれることもあるのかもしれないですが、夫の勤務先では物件調査があるらしく、たぶんWeb公開されている物件などだと難しいのです。

なんで会社の都合で振り回されてるのにもっと柔軟に対応してもらえないのかなあ?と思うのです。

別居手当も収入に入るので、税金や保険料の負担は増えるしこのくらい融通利かせてもらってもいいと思うのだけど。

しかも、社宅費負担や地域手当にかかわる地域ランクというのは、その地域の家賃ベースで考えられているので水道光熱費や物価のことは考慮されていないのです。

プロパンガスの地域とか水道料の高い地域だと、いくら家賃が安くても毎月の負担は大きいです。

せめて2年くらいで家に戻してほしい。

経済的なことだけでなく、健康や家庭に不測の事態が起こったら、私は会社を訴えてしまうかもしれません。

転勤を強要する以上、家族が少しでも一緒に居られる工夫くらいさせてほしいし、経済的な負担を軽くする工夫もさせてほしい。

せめて会社が設定した上限の範囲までくらいは。

家族優先へ「転勤」の指針策定…弁護士「長期の単身赴任が当たり前の現状は異常」 | ORICON NEWS

上の記事によると、企業に対する強制力はないようですが、転勤についてのあり方を見直すような動きは出てきているようです。厚労省さん、ぜひ企業への指導までお願いします!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です